expressvpnレビュー

もはやネットを安全に利用するために必要不可欠といってもいい存在であるVPN。自分のIPアドレスが他の人に知られると、サイバーハッカーたちはIPアドレスをあなたの本名や場所にリンクさせることができます。そこからオンラインアクティビティと個人データを使用して脅迫やスパムメール、詐欺などをたくらむことができます。この時代のオンラインアクティビティにVPNは必須です。しかしVPNを自分で選ぶとなるとどのように選んだらよいのかわからないという人も少なくありません。多くの海外製のVPNが主流であることから、怪しいものに引っ掛かりたくない、詐欺に巻き込まれるのではないかと心配する人もいると思います。私たちはその中からおすすめできる優良なVPNをご紹介し、検討いただいています。今回はExpressVPNを皆さんにご紹介したいと思います。ExpressVPNとはどんな特徴のあるVPNでしょうか。

今すぐ購入
価値のあるVPNをお探しですか?ExpressVPNがお勧めです

この速くてセキュリティの高いVPNプロバイダーはデータログを保持しません。Netflixのような地域制限のあるサイトのブロックを解除します。またP2Pファイルシェアリングも安全に行えます。

イントロダクション

ExpressVPNはかなり多くのまとめサイトや総合サイトの上位に登場しています。VPNの良し悪しのひとつとしてリモートサーバーの数が挙げられます。どの国で使用できるか、どれだけのサーバーがあるかで快適に利用できるかなど様々な事柄に影響してきます。

ExpressVPNおすすめポイントは世界中160地点に3000個以上の高速サーバーを配備しており、通信速度が最高であるとの評価を得ているようです。VPNに接続しても体感速度はほとんど変化がなく、通信速度を測定して最速という結果があり、世界中のコンテンツをストリーミングしたいユーザーにぴったりのVPNであるといえます。またHPやFirefoxが専用サービスを提供していることから、サービスや品質が高いことがうかがえます。

expressvpn 日本

またMac、Windows、Android、アップルiOSなどメジャーに加え、Linux、Routerや、最近一般となりつつあるAppleTV、Chromebookにくわえ、XboxやPlaystation4などのゲーム機にも対応しています。マルチプレーのゲームをされる方は、通信速度が落ちると致命的だと感じる方もおられるでしょう。その点通信速度が高いことが特徴のExpressVPNはまさにうってつけのVPNサービスといえるでしょう。

プラン&料金

ExpressVPNプラン&料金

ExpressVPN価格は1カ月、6カ月、12カ月と三つのプランを用意しています。それぞれ$12.95、$9.99、$6.67となっているようですが、一番人気は12カ月のプランのようです。初回は3カ月無料のようで、15カ月で$6.67となっており、サイバーマンデー・ブラックフライデーセールでは692.25円で提供されています。いつまで割引なのかはわかりませんがこれは大変お得といえるでしょう。また30日間返金保証されているので、1カ月プランを選ぶ必要はないでしょう。ただ15カ月後は「12カ月毎に$6.67(割引期間中は$95.20)」となっているので、継続するかどうかはこのキャンペーン期間が終わるまでに決めておいたほうがよさそうです。また他社との料金比較ですが、一年契約をされた場合、ほとんどの会社が月々$6.42前後のプライスを提示していますのでまずまずといったところでしょうか。もちろん値段に特化した競合社もたくさんありますので、用途と期間などを調べて選択されるとよいでしょう。

サマリーシート: ExpressVPNの詳細

特徴 バリュー
ログなし? はい、あなたのデータと身元は保存されません。
トレントに適していますか? はい
Netflix US, UK, CA, AU, DE, FR,
複数ログイン 5 つの同時接続
カバーするの国 94+
サポートされているシステム Windows, Android, iOS, macOS, Chrome, Firefox, Router, Console, Apple TV, PlayStation, Xbox, Amazon Fire TV, Roku, Kindle
返金保証ポリシー 30 日返金保証
プロトコル Lightway, OpenVPN (UDP/TCP), L2TP-IPsec, SSTP, PPTP
トラフィックデータ 無制限
エンクリプト 強力な: AES 256 bits
IPアドレス 非公開
サーバー 3,000+

Video review

ExpressVPNを選択すべき理由

・高速VPNを探している人

・中国からVPNを使用したい人

・動画やオンラインゲームがメインの人

・公共フリーWi-Fiを安全に使用したい人

・どのインターフェースでも簡単に使用できる

今すぐ購入

VPNを使う

Netflix

ExpressVPNはスピードの速さが特徴のVPNですのでストリーミングに最も適しているといってもいいかもしれません。265ビットの高度な暗号化技術により、すべてのインターネット通信データを暗号化されたトンネルを使用して送ることができるため安心です。また帯域幅が無制限のため、ストリーミングの高速化が期待できます。

またExpressVPNは日本を含む94か国に3000台以上のサーバーを提供しています。台数としては最も多いわけではありませんが、カバーしている広さとしては最大級のものです。つまり世界中のほとんどの場所の現地でのストリーミングサービスを利用できるといえます。日本のNetflixでは提供されていないコンテンツも他の国では見ることができるということがありますので、有利に利用することができます。

ストリーミングサービスはジオブロックという特定の場所からのみアクセスできるよう制限をかけています。VPNはそれをアンブロック機能で通り抜けるシステムですが、ストリーミングサービスのほうもジオブロックをアップデートしたり、変更したりしてアクセス制限を強化してきます。また中国などではネットの検閲を行っています。その中で、世界中のほとんどの場所へのアクセスが可能になるのはものすごいことだといえます。たとえもし一部の場所からのアクセスが制限されたとしても、別のサーバーからのアクセスなら可能になることもあります。

Netflixストリーミング

Torrent

あなたがTorrentを使用している場合、VPNを通していないならそのデータと場所は、ダウンロードしたものを追跡および監視される可能性があり、また見知らぬ人に公開される可能性があります。またインターネットサービスプロバイダーはあなたのアクティビティに応じてインターネットの帯域幅を制限しようとするかもしれません。VPNなしでTorrentを実行するとインターネットサービスプロバイダーはそれを認識し、接続を抑制して広い帯域幅を使用できなくする可能性があります。またインターネットサービスプロバイダーはあなたのダウンロードした情報や行動を政府機関と共有するかもしれません。政府機関は、合法であっても「疑わしい」ものについてTorrentに対し注意を向ける可能性があります。 DMCAの通知や罰金、国や地域によってはさらに悪いことに逮捕という結果になってしまう可能性があります。ExpressVPNはそれらの危険からユーザーを守ります。

VPNの特徴

セキュリティ

たくさんのVPNプロバイダーが存在し、完全な匿名化サービスを謳ってはいますが、実際にはその会社がユーザーのオンライン活動を追跡しています。ExpressVPNサーバーのいずれかに接続すると、IPアドレスとアクセス場所を隠すことができます。ExpressVPNは本拠地がイギリス領のバージン諸島にあるため、データ保持の法律がなく、プライバシー管理に協力的であるため、ログなしポリシーにより記録されていません。実例としてロシアのトルコ大使アンドレイ・カルロフの事件の捜査の時に、ExpressVPNサーバーが押収されたことがあったようですが、サーバーには一切のログが記録されていなかったという報告により、ユーザーのログを保存していないということが証明されたということがあります。同社は「VPNのようなセキュリティツールが不正な目的で悪用される可能性があるのは残念ですが、これらは私たちの安全とオンラインでのプライバシーの権利を守るために重要です。 ExpressVPNは、バックドアをインストールしようとする取り組みや、これらの技術を弱体化させる政府の試みに根本的に反対しています。」とのコメントを残しています。

その他ExpressVPN独自の特徴として、TrustedServerテクノロジーが挙げられます。これはサーバーから自動的にすべてのデータを消去する機能です。ExpressVPNのサーバーはハードディスクではなく、RAMディスク上で作動します。RAMディスクは恒久的な記憶媒体ではなく、電源のオン、オフによってデータが削除されるため、可能になっています。一般的にはサーバーはハードディスクを使用して運営されるため、データを会社側は消去する、あるいはそのデータが上書きされるまでログが残ってしまい、ハッカーの攻撃やリークによってプライバシーにかかわる情報が漏れてしまうことがあります。ExpressVPNの情報にはそのような心配がありません。

キルスイッチ

インターネットトラフィックとIPアドレスを安全に保つために、接続が危険にさらされた場合、トラフィックを自動的にブロックするシステムです。ExpressVPNではネットワークロックと呼ばれ、アプリで自動的に有効になっています。この機能はWindows、Linux、Macのみで使用できます。

新しいプロトコル

ExpressVPNによって開発されたLightwayは、より速く、より信頼性が高く、より安全な接続を提供するまったく新しいVPNプロトコルです。 ExpressVPNの新世代VPNプロトコルであるLightwayを使用してVPNに接続するためのより良いエクスペリエンスをご覧ください。 LightwayはVPNエクスペリエンスを向上させるために開発されているため、その新機能により、ユーザーはより速く、より簡単に接続でき、バッテリーの使用量も削減できます。 家を出てデバイスがWi-Fiから4Gに切り替わっても、Lightwayはネットワークの変更やドロップをシームレスに処理し、接続を維持します。

スプリットトンネリング

VPNスプリットトンネルは他のデバイスやアプリをインターネットに直接アクセスさせたまま、一部のデバイスとアプリのトラフィックをVPNに通すことです。ローカルネットワークデバイスへのアクセスを失うことなく、選択したトラフィックを保護することができます。この機能のおかげで、他のウェブサービスに影響しない安全なダウンロード、インターネットサーフィンを安全に楽しみながら、ローカルネットワークのプリンターへアクセスし、使用することなどが可能です。

リークプロテクション

DNSリークがあるとあなたのISPアクティビティは他の人から見える可能性があります。優れたVPNはこのようなリークからユーザーを守るために匿名性を維持します。ExpressVPNはリークテストを行い、データリークがないことを確認しています。

Tor互換性

Tor互換性のあるVPNサービスは多くありません。ExpressVPNはTor互換性があるだけでなく、Torネットワークに独自のTor onionウェブサイトを持っており、セキュリティに関して無料トライアルのレベルが格段にアップします。

今すぐ購入

Windowsユーザー

インターフェース

ExpressVPNは一つのサブスクリプションに対し、すべてのデバイス向けの簡単操作アプリがついてきます。全てのアプリのインターフェイス(操作画面)が同じデザインになっているので、非常に簡単に操作出来ます。ルーターにインストールすれば家の中の通信機器全てがVPNで通信可能です。OpenVPN、もしくはL2TPが使えるほとんど全てのルーターに対応しているのでVPNを購入して、設定ページにアクセスし、アプリをダウンロードしてインストールするとすぐご使用になれます。

ExpressVPNインターフェース

VPNサーバーロケーションに接続するにはOnボタンをクリックします。初期設定では、スマートロケーションを推奨します。アプリ画面で接続済みとの表示がなされたら、安全にインターネットを使用することができます。ひとつのExpressVPNサブスクリプションで、プラットフォームに関係なく、同時に5台のデバイスを接続できます。5台以上のデバイスで同時に接続しようとすると警告が表示されますのでご注意ください。

設定

ExpressVPNに登録した時に受け取るウェルカムメールを開き、「ExpressVPNを設定」をクリックします。ダウンロードボタンをクリックします。アプリのダウンロードが開始します。次にアクティベーションコードの取得が必要になります。クリップボードにアクティベーションコードをコピーしてください。ボックスに表示されているアクティベーションコードをクリックするとコピーできます。後ほど、コードが要求されます。

アプリのインストールをします。パソコンでファイルの場所を見つけて、ダウンロードするファイルをダブルクリックします。アプリインストールが促されたら、インストールをクリックして実行します。アプリがPCにインストールされるのを待ちます。しばらくしてからサインインをクリックし、アクティベーションコードを貼り付けます。Ctrl+Vを押す、または長方形のフィールドを右クリックして、貼り付けをクリックします。それから続行をクリックします。デバイス起動時に、ExpressVPNを起動するかどうかを選択できます。どちらかを選択して続行します。Windows起動時にExpressVPNを起動させるようにしておくほうがIPアドレスの流出防止に効果的です。また最後に使用したロケーションに接続するもONにしておいたほうが、起動時に自動でそのサーバーに接続してくれるため、便利です。最後にExpressVPNにVPN接続の分析情報を匿名で共有するか聞かれます。これは、ExpressVPNのサービスの向上のためです。ExpressVPNは個人データを収集せず、ExpressVPNサーバーに到達する前にデータを匿名化するので共有しても問題はないでしょう。ご自分で選択できます。

VPN接続中は設定変更・速度テストはできないので、必ず切断しておきましょう。オプションはすべてチェックが推奨です。Network LockはVPNが予期せずに切断された場合のすべてのインターネットトラフィックを停止する機能です。IP漏洩防止にONにしておきましょう。

その他アプリ

特定のトラフィックをご使用のVPNの保護から排除するようにスプリットトンネリングを設定する場合、インターネットサービスプロバイダまたは第三者がトラフィックにアクセスできる恐れがあります。 オンライン活動を保護するために、機密情報、ダウンロード、トレントを扱う際は、VPNで保護された接続のみを使用するように気を付ける必要があります。

気になる点としてExpressVPNには広告ブロッカーが付属していないことが挙げられます。通常、有料のVPNにはほとんど広告ブロックがついてくるのでこの点はマイナスといえるかもしれません。

カスタマーサービス

カスタマーサービスは24時間体制のライブチャットサポートとなっています。ボットチャットではなく実在する担当者が、電子メールとライブチャットでセットアップとトラブルシューティングをサポートしています。現在の時点では日本人カスタマーサービスはなく、日本語でチャットが可能ですが、返信は機械翻訳で帰ってくるようです。なれれば十分なコミュニケーションが図れますので問題ないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。まとめとしてExpressVPNを選ぶ際のポイントを見てみましょう。

まずはやはりスピードが挙げられるでしょう。米国、英国、オーストラリア、ブラジルなどのサーバーで良い結果がみられるようです。またストリーミングサイトの簡単なブロック解除も挙げられます。高度なセキュリティー機能は、軍事レベルの暗号化とセキュリティプロトコル、キルスイッチ、スプリットトンネリング、リークプロテクションなどがあります。ユーザーデータを保持していないことも安心できるポイントです。これらの機能が含まれていて平均的な価格を維持していることはかなりレベルの高いことだといえます。まずは30日間のお試しから始められてはいかがでしょうか。

9.8 Total Score
ExpressVPNレビュー: 素晴らしい!

ExpressVPNは多様なニーズにこたえるVPNのソリューションです。制限なしに、簡単にストリーミングTV視聴やダウンロードがしたい多くの人の必要にぴったりです。払う価値はあります!

プライバシーアンドセキュリティ
10
特徴
10
スピードとパフォーマンス
10
お金の価値
9
使いやすさ
10
PROS
  • ハイスピードコネクション
  • 無制限帯域幅
  • 広範囲の国
  • 軍事レベル暗号化
  • ログなし
  • ユーザーフレンドリーセットアップ
  • 無制限のストリーミングとダウンロード
  • 年中無休のライブチャットサポート
  • 返金保証
  • 特別:3カ月無料!
CONS
  • 設定がすくない
  • NATファイアウォールなし
  • IPバインディングなし

オーストラリアの大学でコンピュータサイエンスを専攻しました。 現在、IT関連企業のマネージャーをしています。 私は専門知識があり、テクノロジーとインターネットに精通しています。 私は10年以上にわたり、オンラインプライバシー、プライバシー、およびITセキュリティに関連するトピックに関する最新情報をオンラインユーザーに提供しています。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

VPNveteran.com